憧れのギャル系金髪をやってみたら大失敗・・・

今から10年ほど前の話です。私がまだ20代半ばの頃です。世間は、キャバクラ系の人気雑誌「小悪魔アゲハが全盛期でした。有名モデルに、桜井莉菜や荒木さやか、桃華絵里、武藤静香なんかがいました。彼女達の髪型は、派手なブロンドの髪をクルクル揺る巻きにして、まさに夜の蝶でした。華やかで私の憧れでした。その中でも、桃華絵里ちゃんと桜井莉菜ちゃんが大好きだった私は毎月雑誌を買い、彼女たちの出した本も全て購入するとゆう感じで、給料のほぼ全てを洋服代なんかに費やしていました。

しかし、髪型を真似するのが一苦労でした。彼女たちのしている髪色は「ミルクティー」とかゆう色だったと思います。当時私は、あまり美容院には詳しくなく、結構高いので手頃な値段の美容室で流行りの髪型にしてもらっていました。彼女たちの髪型は、おそらく金髪系の色だろうと思っていました。正確には、一度色を抜いてから、色を入れるとゆう方法だったようです。そして、ついに、金髪に出きるくらい、美容室代が出来たので、憧れの「金髪」に挑戦する事にしたのです。

しかし、当時行っていた美容室にはそんな最先端の技術にうとく、美容師は「金髪ですね」などと言い、色を抜き始めました。そして、出来上がったのは、黄色の頭でした。有名人でゆうと、三輪明宏さんが一番近いのでは?と思います。髪の毛は脱色すると黄色になるらしいです。

私は、更に色を入れるとゆう方法を当時知らなかったので、施術はこれで終了しました。黄色の頭を見て、あまりにも理想と違いすぎて、呆然と店をでました。アゲハモデルたちは、お洒落な美容室で最先端の髪型をしているのだなと改めて感じました。金髪に脱色するのは結構料金がかかりました。彼女たちは、一体いくら髪の毛にお金をかけているんだろうなんて事を思いました。

脱力かんで、なんとか家に帰り、家族に頼んで黒染めを買ってきてもらいました。流行りの髪型にするのなら、ちゃんと雑誌の切り抜きを持っていくべきだなとあらためて感じました。

美容師さんの言いなりになってしまった失敗談

美容室をコロコロと変えることが苦手であったため、ひとつの美容室に長く通うことが多いのですが、何年か通っていてほぼお任せでカットやカラーをお任せしていた美容師さんがいました。

5年ほど前にいつも通りのカラーのお願いをしたところ、部分的に色を少し明るくしてみては?という提案がありました。事務職の仕事をしていることは知っていたはずの中のそのような提案でした。いつもお任せしていたので悪いようにはされないだろうと心配になりつつもお任せしました。

その美容室は多くのお客さんを受け入れているため、一人の美容師さんがすべてを担当しておらず、何人もアシスタントがいて二人がかりでカラーをされることがあります。そのためカット担当の人もあわただしく多くの人の対応をしますので、チェックのために放置されることも多々。その点が嫌だなと気になっていたにもかかわらず我慢していました。その時の部分的に色を抜くというカラーの施術は、案の定、放置状態となり、色が抜けすぎてしまいました。出来上がったのを見て『これは会社には行けない・・・』というレベルでした。美容師さんも『これはやりすぎた』と思ったはずです。

【ポラリス vs チャップアップ】違いを徹底比較!併用はアリ?ナシ?

『早く帰ってなんとかしなければ』という思いしかありませんでした。あまり文句をはっきり言えない自分の性格にも嫌気がさしますが、文句をいうなら自分でできることをしようとしか思えず、美容室帰りに自宅でできるカラーリング剤を購入して帰りました。慌てて色の抜けすぎた部分を染めるという始末です。完全にはごまかせなかったのですが、少しマシになったという状態でこれは忘れられない出来事になりました。

そのことを機会に冒険となるような提案を受け入れることはやめました。美容師さんの自己満足には付き合っていられません。その美容室へ行くことをやめ、一人の美容師さんが最初から最後まで丁寧に対応してくれるような美容室を選ぶようになりました。せっかく美容室へ行くのに失敗してストレスになっては身も蓋もありません。自分の気持ちに合った美容師さんと出会えることが大切だと思いました。

やっぱり、憧れと真似は一致しないって事です。

ドラマを見るのが好きで、それに加えて自分の好きな女優さんが出ていれば尚更見てしまうわけで、そうすると(良いな~、可愛いな~、真似してみよっか?)なんて思ってしまって、実行した私です。
以前、木村文乃さんが出演されていた”サイレーン”というドラマを見ていて、同い年でもあり、好きな女優さんなので、真似てしまったんです。
パッツン前髪というのを…、憧れてやってしまったんです。
それまでの私は前髪って斜めに流すスタイルが主流で、長さは変えたりはしても、結局気付けばその前髪に戻っていたわけで、前髪を作るのすら、本当に小さい時ぶりという位久々だったんです。
だから見慣れないってのもありますが、旦那に「おお」と言われ、「新鮮だね」と言われ…それって笑い混じりなリアクションなわけです。
自分でも薄っすら(切らなきゃ良かったかも)と気付いてはいたんですが、やっぱりか、と思う反応をされ、切った二日目の鏡の前から、少し伸びるまでは髪のセットに日々悩まされる日々となって、しかも真っ直ぐパッツンだと笑われてしまうので、やっぱりちょっと斜めにセットしたりと、確実に切って後悔した結果な方なのです。
しかも、何が一番失敗したかって、それは自分で前髪を切ったという点です。
普段、斜め分けにしていた前髪だと、ちょっと位の伸びだと自分で切ってしまったりもしていたのです。その慣れで、その時もやってみたのですが、斜めだと誤魔化しがいく事もパッツンだと失敗すると調整がし辛いという事に、途中で気付いても遅いわけです。
もう手遅れで、失敗の誤魔化しの為に、更に短くしなくてはいけなくなり、今思えばそのせいで失敗作となってしまったのかもしれないな、とも思います。
けれど、それ以来、もう前髪の新チャレンジはせず、やっぱり何だかんだで斜め分けだな!としっくりくる髪型を右流し・左流し、と少しの変化はつけつつも、あまりチャレンジャーな事は止めています。
やっぱり、憧れて真似してみても、好きな女優さんみたいにはなれませんし、そもそも顔が違うのだから私と女優さんの髪型が一緒でもそれが似合うか似合わないかって、違うに決まってます!
分かっていても、やってみての後悔なので、ある意味満足ではありますし、それと共に前髪とはいえ、私は素人なのだから、自分で切っちゃう癖を止めなきゃな!とも、めちゃくちゃ教訓になったって事です。

初めてのパーマで大失敗!私の大学生活が!!

大学に上がる時、黒髪のミディアムヘアにパーマをあてました。大学生になるということで、新しい髪型にチャレンジしてみようと思ったからです。肌が弱く、また、初めてのパーマということで、ドキドキしながら美容院に行ったのを覚えています。
この髪型が「期待外れ、失敗」だと思った理由は、ウェーブの仕方です。外国人のような、緩やかなふんわりウェーブを期待していたのですが、結構小さめのウェーブを入れられてしまい、大学生の私には、なんだかおばさんのような髪型に見えました。
他にも、1週間以上、頭が臭くて毎日恥ずかしかったように記憶しています。また、パーマやカラーをするとよくあることだと思いますが、髪がとてもパサパサになってしまい、触る度に不快感がありました。それらもまた、この髪型が気にくわない理由でもありました。
この髪型のイケていない一番の理由は、ウェーブのかけ方と、髪のカラーだと思います。同時にパーマとカラーの施術はできないので、どうしようもありませんでした。髪の長さが腰まであったり、髪色が外国人のようなグラデーションカラーだったり、綺麗なメッシュが入っていれば、雰囲気も違ったかもしれません。
それ以降、しっかりした長さのない髪には、パーマをあてないようにしています。また、美容院やサロンを選ぶ時には、パーマやストレートパーマが得意なお店を選ぶようにしています。カットだけであれば、美容院によってそこまで大きな差は出ないと思いますが、パーマに関しては技術や経験、最新情報、機材が大きく影響すると思うからです。個人店でもチェーン展開しているサロンでも構いませんが、美しい髪作りに力を入れいている美容院は信頼出来ます。最近では、ネットで色々調べる事ができるので、サロン情報や、美容師さんの得意とする分野の情報も、チェックして美容院を選んでいます。私が今使っている育毛剤・・・ポリピュアEX

パッつん前髪にしてちょっぴり後悔

つい最近、3ヶ月前くらいの髪型の話です。ひさしぶりの美容院に行きました。ここ数年、前髪は顎よりも長いのが定番だったのですが、イメチェンしてもいいなと思い、思いきって前髪をパッつんにしました。眉上で、少しカールをつけた今時のパッつんです。お洒落な感じの前髪だったので、試してみてもいいかなと思って切りました。切ったときは見慣れないけど悪くないと思ってましたが、家に帰り家族には何でその前髪にしたのかとやんわり似合わないと言われました。

そこでよくよく鏡で見ると、たぶん似合わないわけではないけど、自分の顔の特徴的には前髪なしのほうがいいと思いました。おでこが広く、堀が深いので、前髪がないほうがすっきりとした印象なのかもしれません。パッつん前髪は子供っぽいというか、幼く見えるのが違和感でした。
ただ、パッつんよりもさらに似合わないのがストンと下ろした眉下の前髪なので、なるべくアイロンで前髪を巻いて動きをつけるように工夫しました。何日か経つと自分も周りも見慣れてきたようですが、1ヶ月くらいは切らなければよかったかもと後悔しました。
今は斜めに流せるくらいに伸びてきたので、ほっとしています。つい数日前美容院に行ったときには、前髪はまた伸ばしますと伝えて、整えるだけにしました。イメチェンは楽しかったですが、やっぱり自分に似合う髪型はあるのだと気づかされました。これからも前髪なしが私の定番になっていくと思います。もし今度イメチェンしたいと思ったときには、いっそのこと前髪ウィッグなどで試してみようと考えています。それなら切る必要はないですし。それで似合えば実際に切ってもいいかもしれません。しかし、当分は切る勇気は出ないと思われます。